• ホーム
  • ダイエットと肥満をあらわすBMIが低すぎると危険

ダイエットと肥満をあらわすBMIが低すぎると危険

運動する肥満男性

自分が肥満になっているかどうか、気になるという方も多いのではないでしょうか。
肥満度をチェックする方法の1つに、BIMという計算式があります。

BIMはボディ・マス・インデックスの略で、国際的な基準となっている体格指数です。
BMI= 体重kg ÷ (身長m)2の計算式に自分の身長と体重を当てはめる事で、どのくらいの肥満度かを判断できます。
例えばBIMの数値が25以上という方の場合、標準よりも肥満傾向にあるのでダイエットが必要かもしれません。
肥満だと高血圧や糖尿病、高脂血症といった生活習慣病を引き起こしやすくなるのです。
生活習慣病は心筋梗塞や脳梗塞など、命を失ってしまう危険性もある重篤な病気の引き金となります。
ですので、BIM数値が25以上だったという方は肥満を解消する事が健康維持には必要不可欠です。
ただBIMの数値が低ければ良いというものではありません。
BIMの計算で数値が18・5以下という場合、痩せすぎです。

肥満より痩せすぎという方が良いと思ってしまう方も多いでしょう。
確かに肥満は様々な病気の引き金になりますが、痩せすぎも病気を招く恐れがあるのです。
栄養不足による貧血や疲労感、骨粗鬆症といった病気を起こすケースも少なくありません。
また、痩せすぎている方は準用が短くなるという、研究データもあるようです。
特に若い世代の女性は体重ばかりを気にして、食事の量を極端に減らしたり、栄養バランスの崩れた食事をしてしまいがちです。
このようなダイエット法は体重が落ち過ぎて、体には大きな負担となってしまいます。
健康的で標準的なBMIの数値は、18・5から25未満です。
ダイエットを行う時は、BIMの数値が正常範囲化をチェックしましょう。