• ホーム
  • ダイエットに成功する筋肉をつけて体質改善

ダイエットに成功する筋肉をつけて体質改善

お腹の脂肪を気にする女性

食事制限だけのダイエットをした場合、制限をしている間は、体重が減るものの、制限していた食事を元に戻せば、体重は元に戻ります。
摂取した食事のエネルギー量が消費したエネルギー量より多いので余った分が余分な脂肪になります。

簡単な足し算、引き算の関係です。
この関係に当てはめてかんがえてみると、食事制限によって目標体重まで下がった体重を維持し続けるためには、エネルギー消費量を増やすしかありません。
つまり、運動などによって体を動かすのです。
しかし、時間がたくさんあった子供の頃と違い、社会人になると、毎日運動やエクササイズに通うことは難しいでしょう。
そこで基礎代謝量を上げ、生活に必要な活動のエネルギー消費量を増やし、基礎的な消費量を上げなければなりません。
基礎代謝量は体重に対する筋肉量の割合ですので、筋肉量を増やすことが成功する秘訣になります。
脂肪の消費には有酸素運動が効果的ですが、有酸素運動だけでは筋肉がつきにくいため、ダイエットの初期には体質改善のための運動や負荷が高い運動が必要です。
こうして体質改善による基礎代謝の向上や有酸素運動によるエネルギー消費量を増やし、食事による摂取エネルギー量を減らせば、1日に必要なエネルギーが不足し、不足した分をお腹周りについた脂肪から補給しますので、体重が下がることになります。

ダイエットにチャレンジし、失敗する人の多くは食事制限だけで体重をコントロールしようとし、厳しい食事制限に耐えることができず、失敗します。
基礎代謝を上げ、運動が習慣化されれば、食事制限を解除しても、消費量が優っている限り体重は増えないので、健康的で長期的な成功を手にすることができます。