• ホーム
  • ダイエット中にアルコールを飲む方法

ダイエット中にアルコールを飲む方法

食事している肥満女性

ダイエット中はアルコールを控えるのが基本ですが、ルールを守ることができれば飲酒が可能です。
ダイエットにアルコールを飲む方法は、蒸留酒を選ぶことです。

蒸留酒とは焼酎やウィスキー、ウォッカ、泡盛などで、純水なアルコールやそれを薄めたものを指します。
一方で醸造酒はビールや日本酒、ワインなどです。
蒸留酒と醸造酒を同じだけ飲むと、摂取カロリーは蒸留酒の方が高いです。
しかし蒸留酒の原料はカロリーがゼロで、糖質を含んでいません。
アルコールのカロリーはエンプティカロリーといって、処理される過程で消費されます。
しかし糖質は脂肪として蓄積されやすいので、醸造酒は太るお酒と言えます。
またウィスキーやウォッカなどはアルコール度数が高いので、ビールやワインのように一度にたくさん飲むのが難しいです。
飲み過ぎを防ぐことで、肝臓を労わることができます。

お酒を飲む時に注意しなければならないのが、おつまみです。
チーズやナッツなどお酒と合う食べ物はカロリーが高く、味付けも濃くなりがちです。
肉を食べる時は唐揚げや手羽先よりも、焼き鳥がおすすめです。
脂身の少ないもも肉を選んだり、ねぎまはネギを食べる分、肉の食べ過ぎを防ぎます。
タレだとカロリーが高くなるので、塩コショウが良いです。

アルコールを摂取するとトイレが近くなるので、ビタミンやミネラルが不足しやすいです。
ビタミンとミネラルは代謝に使われるので、不足すると脂肪が燃えにくくなります。
野菜スティックを食べれば様々な野菜からビタミンとミネラルを補給することができ、歯ごたえもあるのでお腹がいっぱいになります。
アルコールは気分転換になるので、どうしても飲みたい時や仕事の付き合いがある時は飲みすぎなければ我慢しなくて良いです。